外断熱で売る

鉄筋コンクリート住宅をお求めの方に良く質問されます。「外断熱と内断熱はどちらが良いですか」と!答えは簡単、コストとデザインの話を外して性能の話だけで決めると、外断熱の方が有利です。これは、プロの業界では周知の事実であるが、簡単に確認すると、外断熱は、蓄熱体が大きい、構造体の温度変化が少ない、構造体が風雨にさらされないので耐久性が高い等のメリットがある。つまり、耐久性の観点でも、温熱環境としても内断熱に比べて優れていると言える。

当社で良く使っているのは岩倉化学工業のスタットボードという商品であるが、納まりによっては住宅用サッシが簡単にとりつくので、住宅販売用の断熱材として扱いやすい。多くのRC用断熱材は、窓がビル用サッシ納まりになっているので、それでは住宅販売に適していない。外断熱を求められている方は、当然、窓も性能値の高いものを求められているケースが大半で、そうなるとトリプルガラスの窓を使いたい所である。

さらに、コンクリート躯体の蓄熱性を利用して全館冷暖房を行うと、実に快適な空間になる。まさに、次世代型の住宅の完成になる。ただ、全館冷暖房の設計は経験がものを言う設計なので、気軽に手をだしてはいけません。失敗の基です。是非、当社にお声がけ下さい。

 

 

 


RC住宅を普及させる!

RC INNOVATION

株式会社RC design studio
代表取締役 澤田友典
939-2758 富山県富山市婦中町下条5519-1
to@rc-ds.jp
http://rc-ds.jp
TEL 076-461-5467

ページ上部へ戻る